2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.07 (Wed)

マラソン大会

161206aa.jpg

161206bb.jpg

粉河寺で行われた、保育園のマラソン大会を見てきました。

先生からは、
子供が親を見つけると「お家に帰るモード」になるかも?
マラソンどころではなくなるので、隠れながらビデオとか撮ってくださいね。
という、
メタルギア的なミッションを与えられました。

うちの子は2歳児クラスで、200メートルほどの石畳コース。
みんなそれなりに走れますが、バタバタとコケる子、続出。
コケてない子って、いないんちゃうかな?
うちの子も2回ほどコケていましたが、すぐに立ち上がって気づけば先頭集団。
3位でゴールしました。
全然、期待してなかったのに!(笑)


1年前のマラソン大会は、
みんなこれを競走とも認識してないし、
「よーい、スタート!」って言われてもボーッとしてたし、
先生に手を引かれて歩いてゴールして。
それが今年、ちゃんと白熱した競走になってるという目覚ましい成長の1年。

ちなみに、
子供の撮影に関しては、
マキシマムザ亮君のエピソードが好きです。

CvWRL5ZUAAA7l0La.jpg

CvWRL5ZUsAI0I5ia.jpg
スポンサーサイト
22:43  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.07 (Wed)

忘年会

xfjft.jpg

http://johnnyh.blog82.fc2.com/blog-entry-2377.html

今年の始めに、
パワフルなおねえさんグループの新年会がありまして、
つい先日、また忘年会に誘っていただきました。

またしても、男性ぼく1人。強者揃いの熟女が5人。

もう1回書きますが、
このスナック、開店が2014年です。

誰かのカラオケが始まったら、
「先生!カホン!これ!カホン!」と、普通の四角い椅子を持ってきました。

私とデュエットでカラオケしたいと言うので、
歌える曲も無いなか、かろうじて「夏の終わりのハーモニー」を、ベース生徒の玲子さんと一緒に。
揉めに揉めた結果、
私が玉置浩二役で、
玲子さんが井上陽水役になりましたが、
2人とも最後までハモれませんでした。

今年1年、一緒に音楽を頑張ってきたお姉さんたち、楽しかったです♪
22:22  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.16 (Wed)

先輩とセッションしました



鍵盤の名倉さんがライブで和歌山にお見えになり、
1曲、カホンで参加させていただきました。
もちろんリハなし、打ち合わせなし、そしてマイクなし!(笑)

私が大阪でやってたときに、
バンドやらキャバレーやら学校やら、たくさん一緒に演奏してもらった先輩です。
カホンというと、
たまに出番があったり、実はレッスンしていたりするのですが、
今は全く練習してないし、
以前、使っていたカホンも手放してしまっていて。これは生徒さんからの借り物で。

曲は、
スペインという話も出たのですが、
う~ん、スペイン・・・ほとほと・・・と思ったので(笑)、ブルー・ボッサをお願いして。

1つ、リズムのすごい勉強になったことがあって、
個人練習では曖昧だったところが繋がって納得して。
また、時間がある時期になったらブログにも書きたいと思っています。
22:20  |  音楽-ライブ関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.16 (Wed)

年季入った風の



毎日、現場仕事で使うコンベが駄目になったので新調。

雨の中でも使うので、2年ぐらいで内部が錆びて、戻らなくなってしまいます。
100円ショップのでも、
何でもええやん、というところですが、
せっかくなので気に入ったのを選んでみました。

3.5mの物だと16mm巾が主流なのですが、
よく風にあおられてしまうので、
できるだけ巾が広いのが良いなと、19mm巾のが売っていました。

それでいて、
色やデザインが昭和風のやつ(笑)
定年近いベテランの職人が使ってそうな、年季入った風なやつ。
まあ新品なんですけど。
22:08  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.07 (Mon)

発表会御礼 2016 Dr科 学生の部

今年の発表会 第4弾
Dr科の学生部門も大盛況に終わりました。
お越しいただいた方、本当にありがとうございました。

出演が27組、
私が担当しているDr生徒が中心の発表会で、
技術云々あるけれども、
幼稚園から教えている子もバスドラに足が届くようになったり、
簡単な曲を出来なかった子が、
本当にカッコいいライブをやれるようになったり。

私自身も心を痛めながら、
「違う、間違ってる、違う、もう1回」って、楽しいだけで済まないレッスンを一緒に積んできたこと、思い出してしまうんですね。演奏の途中に。
ほんまに最後は泣きながら司会してしまってすみませんでした!

ほら、結婚式で新郎新婦の親が泣くじゃないですか。
あれねぇ、きっと育児の頃を思い出すからなんでしょうね。
自分で子育てしてみて思います。

発表会の基本理念や、今後のスタンス等、いつもどおりです。
続けていきます。


今回は私、
ガイドヴォーカルでマルーン5の曲を歌わせていただきました。
若手の上手なメンバーと一緒に、楽しかったです。

2ヶ月の付け焼き刃で、ピッチが。声量が。など
いっちょまえに反省するのもおこがましいですが、
我々アラフォー世代にとって、
裏声のお手本は、
フィリップ・ベイリーではなくてグッチ裕三なんだなと。
レアな経験の記念に♪


そして、ベースも弾かせていただきました。
ドラムは小3の女の子、
ギターは生徒さんで最も職人気質な畑くん、
ヴォーカルは英美先生で。
なかなかカッコいい感じで発表できました。


23:36  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT