2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.01.18 (Fri)

DSC_8305.jpg

骨折から2週間。
右足の薬指がパカっと割れていた前回のレントゲン写真から、
今回はうっすら骨のつながりが見える感じで、経過良好。
先生いわく「半分ぐらいやね」と、とりあえず固定具を外し、松葉杖とテーピングだけに。
外見はだけは普通の足。
痛くなければ普通の靴を履いてもいいそうだが、痛くて履けなかった。

固定具が外れて、
久しぶりに足裏全体を地面につけたり、痛みの頻度も増えたけど、まあ治癒は進んでいる。

ただ、
さっき下の息子が熱い鍋を触るのを止めようと、とっさに動いたら激痛。近年1番の。
自分が眠っているときに折れた骨を踏まれるのも怖いので、居間で1人寝ています。


DSC_8304.jpg
スポンサーサイト
22:37  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.18 (Fri)

DSC_8231.jpg

DSC_8228.jpg

教え子たちにプレゼント返し。

文野ちゃんには単に私好みなセーターと、なにかと便利なカーキのズボンを。
保育園児だったのが、もう大人のSサイズ。
月日のスピードは恐ろしい。

あおい君には、
夏ごろからの受験勉強を頑張ってもらおうと、ハイグレードなシャーペンを2本。

DSC_8276.jpg
22:36  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.18 (Fri)



このときのドラマーはラス・カンケル。
叩き方、チューニング含めて、世界一良い音を出すドラマー、かもしれない。

プロアマ、ドラムを叩く場が10あったとして、
超絶テクニックが必要なのはそのうち1か2。
良い音と良いリズムが必要なのは9か10。

ドラムはリズムだけでいいし、
ベースはルートだけでいいし、
ヴォーカルは嘘を歌わなければ、それだけで十分いい音楽になる。

ほんで、
私のやってる音楽を聴いて!は良いけど、
音楽やってる私を見て! は痛々しく見えてしまうのです。
22:36  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.18 (Fri)

https://dot.asahi.com/dot/2019011100020.html?page=1

うちの教室でも何年かに1人ぐらい、音楽の道に進みたいという子がいて、
親御さんからの相談を受けたこともありますが、
こちらの記事は
すべてのケースに当てはまるわけではないけれども、1つの指標になる良い記事。
22:36  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.18 (Fri)



自分にとっては衝撃的な映像。
若いころにいくら練習しても足元にも及ばなかったトニーウィリアムスのシンバルレガートはこういう仕組みになってたのか。。。

小指支点のとき親指がバネみたいになってて、親指支点と切り替わる。
親指支点から小指支点に戻るとき、
僕らは「握り込む」と信じて練習していたんよな。

実際、当時のドラム関連の情報はだいたいがそうであったし、
コーゾーさんや私の師匠の場合は、握り込まずにバウンスを3打で止めると説明していたのも覚えている。

最近の若いドラマーは小指支点だったり、指の開閉をやらないことが多々あって、
なおかつ、遊びなく握っている手が柔らかい。
昔のドラム教育では考えられなかった握り方なんだけど、
ただ、つのだひろさんだけは20年前の時点で小指支点を唱えていたのを思い出した。
22:35  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT