2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.01.24 (Wed)

拝啓 20歳の君へ

https://www.ism.life/contents/417

多くの人が泣く泣くっていうから読んでみたらホンマにやばかったやつ。
20代後半からのくだり。
自分も音楽、嫌いだったなあ。。。やりたいことも無くなってしもて離婚したり、ニートしたり。
そんなんがあっての今、で良かった。
スポンサーサイト
16:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.17 (Wed)

譜面、歌詞カード、今すぐ燃やしましょう

常日頃、譜面や歌詞カードにすごく疑問を感じていて。
それをガン見でやり始めた瞬間から、気持ちのいくらかはそちらに向いてしまうわけなので、
場の空気とか、
メンバーから投げられたボールとかに、当然、鈍感になる。
当然、伝わるもんも伝われへんだろうな、と。

色々な事情とか都合で、
やむを得ず使う場合はあるのだけれど、
「紙から離れる」「音を絵にする」のを基本、と考えるようにしたい。

役者さんの芝居が心を打つのは、
役に、世界に、入り込んで自分の心でセリフを言うからで、
「ついついアドリブが出ちゃう」というのと自然に繋がる。
で、
映画にもドラマにも台本見ながら出演してる役者さんはいないので、
なんで音楽はそれが許されちゃうんだろうな?と。

そんなことを何年も考えていたら、
沼澤さんが同じことをツイッターで言いました(笑)



この半年ぐらい、
沼澤さんはしきりにこういったことを書いています。
声を大にして言いたいこと。。。なんでしょうね。

僕が言っても説得力がなくて、誰にも何の影響もないと思うので、
一連の発言を載せておきます。

沼澤さんが言うてます!

00007.jpg

00006.jpg

00005.jpg

00004.jpg

00003.jpg

00002.jpg
14:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.10 (Wed)

大切なコト・サヨナラありがとう



玉置さん、昔も今もあらゆるジャンルのミュージシャンと共演していて、
そんな映像がたくさん残っているのですが、
私が好きなやつの一部を。

桃乃未琴さんに提供した曲で、共演したやつ。、
サシでガチで拮抗してて、音楽がおもしろい。



こちらは最近のドラマの主題歌だったのを、美勇士さんと共演したやつ。
ドラマは見てなかったけど、大好きな曲で。
僕は、
亀梨くんの歌も良かったと思うけど、やっぱり本職の人、すごい。この技術よ、このユニゾンのピッチよ・・・(笑)

まず演者が楽しんでて、見てるほうも巻き込まれて♪
20:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.04 (Thu)

告知♪

6/7(日) TAKEOFFミュージックスクール発表会<ギター・ベース科・学生の部>
TAKEOFF 3Fホール
14時~スタート
入場無料

ギター・ベースの、小学生~高校生の生徒さんが出演する発表会です。
教室の課題曲、
ドゥービー・ブラザーズや、ポリスを演奏する子もいれば、
いま大流行中な、
ワンオク、ラッド、アレキサンドロスにチャレンジする子など、22組の発表を予定しております。

お時間の合う方は、ぜひ♪
02:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.05 (Wed)

聴いているものは音楽か?

私、この人も曲も全く知らないんですけど、有名なんですってね。
で、
その社会現象にまでなった?クラシックのヒット曲が、
実は作曲者がウソで、
ゴーストライターが作っていた、というニュース。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000106-mai-soci

一部抜粋。

CDブックレットに解説を寄せた音楽評論家は、
「強引な『ストーリー』をまとわせないと、無名の作曲家を世に出すことは難しい時代。発売後の過熱ぶりには、私もへきえきした」と明かす。
「私たちは肥大化した『ストーリー』に、踊り、踊らされてしまった。誰もが『音楽ではないもの』を聴いていたとも言え、実に現代的な事件」とみる。


私はこのニュース自体に、さほど興味は無いのですが、
「音楽ではないものを聴いていた」という表現が、おもしろいと思ってしまいました。

たとえば僕らだって、
知人がライブやるって、
たいして聴きたくもないのに、付き合いとか利害とかで、見に行っちゃうことがあるじゃない。
それって、
「音楽ではないものを聴いている」現象なんじゃないか?って。

でもそれ、突き詰めたら誰のためにもなってないんですよね・・・
僕なんかは、
「音楽ではないものを聴いている」お客さんに褒めてもらっても、全然嬉しくないのよね。

生意気言って悪いけど、真剣にやってるだけに・・・ね。
23:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT