2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.05 (Wed)

DSC_7938.jpg

DSC_7939.jpg

この2週間、チューニングを試しまくりました。
いつも自分のやりかたは、
太さを稼ぐために裏ヘッドゆるめが好きなのですが、それだと音がボヤけやすくもなる。
さすがに、もうちょっと張らなアカンかと、
今度は音がくっきり前面に出るけど低音を失う。

そこで、
張りつつ低域もほしい狙いで、EVANS G2を試しています。
2枚重ねの厚めの皮。

他にもっと分厚いのとか、ミュート処理が施されたのもあるのですが、
融通がきかないイメージなので、
自然な鳴りをする厚いのだと、EVANS G2あたりがまずは妥当なチョイス。

EVANSの皮は工場の成形精度が高いので当たり外れ少なく、据わりが良いです。
ただ、何のタイコに張ってもエバンス臭は少しあります。



イメージに近づきました。
これでいいかもしれないし、もっと近づけられるかもしれない。
次に皮を交換するとき、
2枚重ねじゃなくて、1枚もんのめっちゃ分厚いやつを試してみたい気もします。

あと、ミュート量と部屋鳴りの関係性がどうやらわかってきました。
これについては後述。

DSC_7981.jpg

次に、
生徒さんたちに使ってもらっているサブスネア、Pearl センシトーンのスナッピーを交換しました。
すっかり気にいっているラディックのスナッピー。
5インチのとかのメタルスネアには、僕はもうこれです。

バンドっぽいJ-POPでよく聴く感じの音。
僕は中古で3000円で入手しましたが、コストパフォーマンス、汎用性、役立ち度、センシトーンはNo1のスネアかもしれない。
カンカンもOK。
太さも温かさもけっこう出せる。
これ1台でけっこうな音楽ができてしまいます。



ところで、
地元ではスネアとかタムとか、
個別にオンマイクで拾って音を作り込むライブハウスはほとんどありません。
小さめのライブハウスだと、客席で生音とPA通した音がとても干渉しているんです。
生音が50%ぐらいお客さんの耳に入っています。

なので、
離れた距離でも良い音がするようにこれらのスネアをチューニングしていたのですが、これがうまくいかない。
3メートル離れたマイクには、どうやってもモコモコぼやけた音しか入らない。

理由、わかりました。
壁の初期反射の音がオフマイクに入りまくっています。
低域の反射音がマイクにたくさん入るせいで、楽器から出ているはずの高域がマスキングされてしまっています。
だからボルト締めても締めてもローピッチに聴こえてしまう。
狭い部屋なのに音が遠くなる。
この部屋では、離れた距離ではまともな判断ができない、という結論になったので
それはまた、いろんな部屋で要検証です。


あと、カキンカキンな甲高い倍音について。

これをどの程度出すか?抑えるか?のミュートなんですが、
スネアの皮「本体」のピッチとは一旦切り離して聴く、というのを今回いまさら身につけました。

皮本体がローピッチでも、カキンカキンがたくさん出ているとハイピッチに聴こえる場合がある。
皮本体がハイピッチでも、ミュートで高域を殺していればそんなにハイピッチに聴こえない場合がある。
これを切り離して聞けると、
迅速的確にチューニングできたり、利用もできそうです。

ミュートって、入力信号としては音量はそんなに下がってなくて
むしろEQコントロールかな、と思います。
スポンサーサイト
22:13  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.21 (Wed)

ラジオキング 試運転

DSC_7858.jpg

DSC_7856.jpg

試運転、始めています。

↓音源 1曲まるまる。
途中で手を止めて設定いじったりしてます。
ミュート量とスナッピーの締め具合を早く理解したいな、というところ。

こうやって録ってみると、
自分が長い間、探していたタイコはやっぱりこれだったと思う。

憧れていたあの時代のあの音が目の前で鳴ってる、自分の手から鳴ってる。
さすが…ドラム史に名を残した美しい音。
不覚にも死ぬ準備が1つ整ってしまった。
そんな貴重なタイコなのに特に大枚はたいたわけでもなく、
その面持ちには威圧感など全くない、ただただ優しいおじいちゃんのよう。

単板メイプルを持つのが初めてなんですが、ノーミュートだとカキンカキン倍音が豊か過ぎてビックリ。
そんな倍音こそがオイシイ部分なんだけど、バンドでは嫌われることが多いだろうなと。
カキンカキン音がバンド全体に混ざって気にならない具合、
洋菓子の上にちょっとふりかかっているパウダーみたいに、人知れずアンサンブルに作用している具合が良いだろうなと思う。

ライブ、デッド、広い、狭い、いろんなスタジオに持ち込んでいますが、
部屋の響きには左右されやすい印象。どんな楽器もそうだけど、これは特に。
5.5という深さで小編成でも使いやすいのだけど、
バンドではあと少しだけ、低音と丸みを出せたら良いなと思うので、ひょっとしたら2plyの厚いヘッドのほうが狙いに近づくかもしれない。
そういうこともあって、
今の設定で音源を残しておくのは意味がある。


あと、比較対象に以前の音源を再貼り付け。
ほぼ同条件下の録音。
スタジオキング6.5は太いなあ、温かいなあ。
ブラックビューティ、乾いてるなあ。
耳の肥やしに。
「スネアばっかり買い過ぎ」とよく言われますが、頑張り過ぎなのでこれぐらい当然です(笑)






ポーカロのスネアというのは、
曲ごとにそこまでクレジットされてないんですが、
私の推測では多分これラジオキングだと思うんですよね、間違ってたら耳が節穴でごめんなさいとなりますが。
おそらく深胴だろうし、
もっと古い年代の物だろうし、寄せ集めのパーツで組まれたものという話もある。
録音環境は全然違うし、なにより叩き手が違うから、決して同じ音ではない。
でも大まかにはこういう感じに近づいたかな、と。

23:11  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.24 (Wed)

ビーターが足に当たって痛い



どうしてもビーターが足に当たって痛い、という小3の男の子。
足の甲ではなく、
足首やスネに当たっていたので、
これは子供ゆえ、足先から足首までが短いことによるものだろうと判断。
足先を大人と同じ位置に置けば、
当然、足首は打面に近くなってしまい、そこにビーターが返ってくる。

ビーターの返り幅を調節できれば良いが、すぐには難しそう。

そこで、
こちらの男の子には写真のように、足を斜めに置く提案をしてみました。
かかと部分のPearlの文字がはっきり見えています。
この方法ならビーターが大きく返ってきたとしても、そこに足は居ないので大丈夫なはずです。
大人になってきて、
この置き方のままでも問題ないです。(私自身も斜めに置いてます)

この方法プラス、ドラム用の靴も履いてもらうようにして、
1週間経過しましたが、本人は好感触みたいで、
足の痛みも解決されたことに加えて、ドラム全体の演奏が思い切り良くなりました。
心配ごとが無くなったからだと思います。

今回、
足の斜め置きを提案できたのは、この子がそうであることを知っていたから。
9歳と書いているので、ちょうど小学3年生。同い年。
ペダルのかかと部分に、かかとは乗っていません。
ただし、
ネットで見たやり方、特に身体の使い方を安直に提案するのは危険性もあるので、
慎重に経過を見ていきたいと思います。

22:02  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.24 (Wed)

小節が数えられない

先週のレッスン

小節が数えられないのを克服するレッスンをしました。
数えられないドラマーはなかなか周りからの信用を得られないので、これはもう絶対。

頻繁にロストしてしまったり、
皆がジャーン!と終わっているのにドラムだけ終わらないというような状況。
難しい曲ならともかく、
8小節とか16小節とかが数えられない。

これは、
たいていの場合、「数える気がない」ことに起因します。
集中力や緊張感がなかったり、ぼーっと演奏していたり。
そもそも、そういう概念がないというか。
上手い下手ではなく、心構えのところなので、ここらへんのレッスンは厳しいと思います。


でも、
経験者にとって常識、当たり前なことが解らないのが初心者であって、自分自身も昔はそうでした。
まず、スティックは使いません。
曲を流して、譜面を指で追ってもらいます。

難しそうなら私が手本。
1!ウン、ウン、ウン
2!ウン、ウン、ウン
3!ウン、ウン、ウン
とハッキリ声に出しながら譜面を指で追います。
原始的でアナログな方法です。
そして「先生が今やったこと、モノマネをしてほしい」と。

これは楽器をやらない人でも、小学生でも集中すれば出来るはずです。
譜面を指で追えないと、楽器で追えるわけがないので、非常に大切です。


数えられないことの問題は、
曲の構成が崩壊してしまうこと以外にもあります。
というのは、
8とか16が勘定できない程度の低い集中力で演奏していると、
その多くの場合、リズムや音色までボーっと散漫になりがちなんですね。
「表現」とは程遠い状態にあると思います。

この状態で、
お客さんに伝えられる?ぶちかませる?
こういうことにも関わります。

このレッスン内容は生徒さんたちには不評です!(笑)
でもやらないといけません。
なるべく、厳しくて楽しいレッスンをやりたいなあといつも思います。


ちなみに、
私が若いころはキャバレーの仕事でこういう掟を学びましたが、
この頃は間違えたら先輩から暴力を振るわれたということもチラホラ。
今はそういう時代じゃないけど、
先生たちが優しい分、教え込むのに時間やコストもかかっているかなあ、と。
キャバレーは、
殴られるから覚えるので非常に低コストだったという(笑)
22:00  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.10 (Wed)

スナッピー選定

DoSA99PXsAMbVBQ.jpg

スナッピーをたくさん頂いたので、実験していました。
オフマイクで録っていろいろ張替え。
オンマイクで録っていろいろ張替え。
タイコのチューニング変えていろいろ張替え。

無限の沼。。。

まずわかったのは、
製品レビューとか評判はまったくアテにならないということ。
今ドラマーの間で流行っているピュアサウンドのカスタムシリーズは、私の好みには合わないことがわかってきた。
スナッピー音の主張が強く、タイコとの主従関係が入れ替わってしまうような。
あと、アタックの一瞬、音が汚いような。
少ない本数のモデルでもそう感じる。
そんな個人的感想。

ピュアサウンドでもブラスターシリーズは良さそう。
こちらも主張強いけど、
30本を張りたいときに、ブラスターの20本を張ればそういう効果が得られそう。
うるさいバンドでスネアの存在感をアップさせたいとき、良いと思う。

結局、
木胴のスネアにはカノウプスのヴィンテージワイヤーを張ることにした。
こちらもドラマーの間で流行中。
ドライで渋くて良い脇役。


DolyXOtVAAAxS_5.jpg
メタルスネアにドンピシャなスナッピーが手持ちになかったので、ラディックの標準のやつを購入。
使ったことはなかったけど、サンプル音源を参考に。
スナッピーそのもののピッチが他のものより高く、明るさが気にいって。
狙いどおりの音になって良かった。



ヤンチャで男っぽい音楽が得意なメタルスネアだけど、
おとなしいめのチューニングにまとめてある。良い味。


木胴スネアはややローピッチなチューニング。
ブッとい。温かい。良い味。
14:55  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT