2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.23 (Fri)

ユーチューブでお気に入りの、紹介したいやつが溜まっているので、
ザーッと貼っていきます。


大好きなNakamuraEmiさんの新曲。
期待通りのおもしろい切り口。

「ちょっと待ってよ!天狗になってない? 耳まで塞ぐ?そこの天狗さん!」とか笑ってしまう。
「スポットライトも良いけど木漏れ日は最高だろう」 とか好きなところ。

Don'tの「't」の発音、キレイ。
決して前面に出さず、でもたしかに存在してる(当たり前か、笑)
そしたらゴーストノートになって、自ずとリズムが生まれて。



あいみょん、っていう人のオシャレでカッコいいやつ。

どことなく椎名林檎に聴こえるのは、
Ⅳ→Ⅲm→Ⅵm→Ⅰというコードチェンジが丸の内サディスティックだから。
よくあるんですけどね、決戦は金曜日とかもだし。

詞の世界観やメロディーへの乗せ方なんかは、
僕は椎名林檎じゃなくて、Surfaceに似てると思うところ。



すっかりハマってしまったハルカトミユキ。
詞というか、詩へのこだわりが。。。

曲によってポップだったりダンサブルだったりなんだけど、詩が一貫してる。
「同世代にこれ出されたら引退する」とまで言い切る。



以前にも貼ったことある曲の別アングル。
これはもはや、片手16の教則ビデオ。

私、これを見て右手をジャーマングリップに変えて小指を外し始めています。
ハイハットをカタカナにしてみたら、サクサクサク…というイメージ。
ちなみにカースケさんは、ザクザクザク。

フォームというか、見た目をモノマネしようとしているところで、頭、首の動き。。。研究中です。



最後に巷で話題の7歳ドラマー。

TVで取沙汰される多くは曲芸で、
天才〇〇といっても見向きもされない、天才という言葉の使い方が勿体ない時代において、
私はこの子は注目したいと思っています。

映像を見なかったら子供とは解りませんよね。
きっと、たくさん練習したでしょうね。
でも子供って、やらせてやるようなもんではないと思うので、
この子は「好き」なんでしょうね。
彼女が叩くことによって曲が良くなっているし、「好き」が伝わってくる。
スポンサーサイト
19:00  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.16 (Tue)

驚愕の・・・



最近、衝撃をうけたドラム。
あの、みさきちゃん。

数年前は近所の先輩のジャズビッグバンドへ練習に来ていて、見学もさせてもらったし、
僕のライブも何度か聴いてもらったこともある。
でも、
その頃の彼女とは、もう別人のよう。

このテの演奏で、日本人のトップクラスちゃう? このパフォーマンス。
スリルを心底楽しんで、
瞬間瞬間の即興を紡いでいるし、超技術的だし、めちゃくちゃ高いレベルで音楽と結びついてて。
次、どうなるんやろ!?
ってワクワクして、あっという間に7分終わってる。

僕はほとんど分析できへんし、
どういう解釈でフレーズが沸いてくるんやろ?って、レッスン料お支払いして教えてもらいたいほど。
とりあえず、
音楽を聴きながら4分音符カウントするだけでも、まあ大変。
01:11  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.06 (Sat)

Enge Nee



こんなのを見つけたので貼っておく。
1分半あたりでオシャレな鍵盤が入ってきて、
インド音楽のコンテンポラリー?みたいなんになる。

いらん情報かもわからんけど、
バークリー卒だそうで、さすがいろんな方が居てはる。

私はインドカレー屋さんによく行くのだけど、
そこでは、ほんまに「わてら、インド人でっせ!」みたいなインドらしい音楽が流れているのだけど、
実際、インドであんなコテコテのわかりやすい音楽が毎日流れているのだろうか?
あんなんばっかりなのだろうか?

そんなわけは無いと思うのだけど(笑)
01:49  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.12 (Wed)

最近のおもしろい音楽



気に入ってYoutubeで聴いてるやつをいくつか。

この歌いまわしの昭和感。
安易に狙った昭和歌謡とは全然違って、
自分が子供だったときに、なんとなく流れていた音楽の雰囲気。
出演の女の子が非常に朗らかで、
なんだかんだいってこういうタイプが結婚したいタイプ!(笑)




大人の言うことを聞け
決して、言うとおりにしろ じゃない
光っていたら信じて 腐っていたら反面教師

ごく普通のみんなが考えているようなことを歌っているんだけど、
この人は表現がわかりやすいし、ユニーク♪




楽器はもう、体全体ですよね。
奇をてらわないで、的を得たアレンジセンスが♪
バチの軌道もすごく綺麗です。




なにこれ???っていう、問答無用のカッコよさ。
一時期、B'zでも叩いていましたが、
ロック系では有名どころで、本来はバカテクドラマー。
オカズらしいこと、殆どやってなくて。
23:36  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.04 (Tue)

これがセッションの醍醐味



17分半。
お時間と集中力のある方は、ぜひ深みにハマってみてはいかがでしょうか。

合うところ、Stayするところ、
素晴らしい瞬発力と緊張感の音楽。

少ない道具でもたくさんの選択肢があります。
強弱はもちろん、明暗、深い浅い、重さ軽やかさ。。。こういうのが楽器の技術であると思います。

13:00のところでは、
笛の人が一定のフレーズを繰り返しはじめます。
これは、「パーカッション、ソロいっとけ!」と、楽器で話しているわかりやすい例。
その後の掛け合いは、
しょっぱながちょっとイージーなモノマネ合戦ではありますが、
笛から出てくるアイデアの提示がおもしろいところです。

17分半、
目を閉じて机パタパタと、セッションに参加してみるだけでどれだけ練習になることか。
09:59  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT