2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.04.21 (Wed)

春の高野山♪

先日は、和歌山が誇る世界遺産。霊峰 高野山へ行ってきました。

プライベートで行くのは、親父の納骨をして以来です。
高野山というと、
弘法大師さま。真言宗。

社会の時間に、そう習いましたね。
でもね、うち、天台宗なんですよ。
なんで高野山?
比叡山じゃないの??

と、おぼろげな疑問だったのですが、
高野山って、宗旨宗派を問わないんですってね。
今回、やっと知りました。



行ったのは少し前のことなので、
このときは桜もバッチリ咲いておりました♪
1434~01

1435~01a

到着して早々に昼食を。
世界遺産、つまり観光地でありますから、食堂も商売っ気がありますね(笑)
ちょっといい値段ですけど、
「きのこと湯葉の丼」
なかなか美味しかったです♪中の上です!
1242~02


奥の院に続く参道が、この世ながらの浄域。
数十万の墓碑があるといわれています。
徳川、武田、上杉、織田、島津…。

大そう立派な墓も多いですが、
個人的には、
古くてコケが生えて黒ずんだ墓石なんかに威圧感をおぼえます。
なかでも、
豊臣家の墓所からは、武将の並々ならぬ「念」みたいなものを感じてしまう。
「気安く近寄るな」
と、言われているみたいな…。


そして、
57回の合戦に参加し、傷ひとつ負わなかったと伝えられる、本多忠勝の墓所も。
好きな武将なので、
思わず手を合わせました。
忠勝は、軽装での戦いを好んだそうですが、
重装備なのに傷だらけな井伊直政を、バカにしてたみたいですよ。
強かったんでしょうね~!!


奥の院の奥の奥では、弘法大師さまが、今も生きて禅定しているものとされています。
閉ざされた門の向こうには、
ただ山林が広がるのみ。
これ以上ないほどの、厳粛な空気感です。
もちろん、
撮影などは一切禁止です。


参道の途中にあった「姿見の井戸」
中を覗いてみて、水面に顔が映って、単純に喜んでいたのですが、
解説文には、
「自分の姿が映らなければ三年以内に死ぬとされている」

こわーーーーー!!!!
映ってて良かった…(笑)
koya20(19).jpg



この後は、初めて「大伽羅」へ行ってみました。
みうらじゅんほどではないが、仏像がけっこう好きで、
巨大な大日如来の仏像が、素晴らしかったです。
ほかの観光客も見とれていましたよ。

それにしても、なかなか上手に撮れてるでしょ?(笑)
1522~02a



まだまだ続きますよ~!
ここからグルメタイムです♪

帰り道の花坂では、焼餅が超有名な「矢立茶屋」へ。
ここの焼餅、好き。めっちゃ好き。
1551~01

花坂では数々の焼餅屋さんが軒を連ねているのですが、
特に人気が高いお店が、
矢立茶屋(製造:掛商店)と、上きしやだと思われます。

だからもう、ハシゴしてきました!!
上きしやさんのは、米粉や重曹も使ってるのでモッチリしてて、これもまた美味しいです♪
2101~01

2102~01


ほんでまたその帰り道。
かつらぎ町といえば、こんにゃくが有名なんだそうで、
「こんにゃく工房」に寄ってみました。

でも、こんにゃくも売ってるけど、
食事メニューをはじめ、
ケーキやクッキー、パンに生キャラメルなど、いっぱい置いてるお土産屋みたいな感じ。
そういうのばっかり買ってしまいました!(笑)
1630~01

1631~02a



ラスト、番外編。
Drivin'の途中に「薬師の滝」という、
これまた僕の好きそうなマイナーなスポットを発見して、立ち寄ってみることに。

こんなとこに滝あるの!?
うわ、神様を祀ってる!?
なにげに、
この日、いちばんわくわくしました(笑)
1639~01a

1643~01a

1647~01

この階段の先です。
コワいです。
ビビって撮影はできませんでしたが、別サイトからの写真をどうぞ。

すごいところにお堂が建っています。
冷やかしてごめんなさい、という気持ちでしっかり拝んできました。
ddce8056-s.jpg

d8865896-s.jpg
スポンサーサイト
18:48  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1282-672d4311

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |