2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.06.13 (Sun)

魔法をおしえて

達郎さんの動画を漁っていたら、
ええ~音源がアップされてました~♪
83年のラジオ放送の音源。

なにがそんなにエエか?というと、
番組内の企画で、
作曲、作詞、レコーディング、ミキシングをやってしまうという、
いわば、
僕らからすると「工場見学」的な企画なんです。


それぞれのアーティストは、
どんなやり方で、音楽を創っているのか??
興味ありますよね~。

ファイルが5つもあるので、
全部聴くと50分ぐらいかかっちゃうけど、2/5あたりから、非常にためになります。


http://www.youtube.com/watch?v=TxoPQ_CfX6s
でも、
肝心の「メロができる過程」がほとんどわからないのね。
一瞬で、
スラスラ~っとできあがっちゃって、参考にならないわ(笑)


で、3/5からバンド陣で録音。
このへんの流れはわかります。
キメとコードだけの、ほぼ真っ白な譜面を渡され、
あとは、
音を出しながら形にしていってますね。

スピーディーにやるため、演奏を止めないまま、
指示がバシバシ飛んでます。
わりとオーソドックスなやり方なんですね~。

ドラマーの立場から見ると、
何はともあれ、リズム録りが終わらないと、次の作業が進まない。
聞く話によると、
昔のポンタさんて、ダーっとスタジオに来て、
他の人が間違おうが止まろうが、
ドラムだけは最後までやりきって、
それを2回やって帰ってたんだそうですよ。


拘るところとテキトーなところが、
とってもおもしろくて、いろいろ手がかりが探せそうな音源です。
スポンサーサイト
23:58  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1325-d14e0396

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |