2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.05.11 (Wed)

NHK特番・震災関連

ごく最近アップされた番組。
「いのちをどう守るのか」
http://www.youtube.com/watch?v=HO3SHsLAXF0

映像がトラウマな方にはしんどいかもしれません。
僕自身には、
非常にためになる番組でした。


津波から逃れる一般的なセオリーではカバーしきれない、
いくつかの事例が取り上げられています。

車に乗っていると非常放送が聞こえないことがあったり、
瞬間ごとに、
"たまたま"とった、1つの行動が生死を分けたり、
現場を知らないと、
考えも及ばないようなレベルの事象が紹介されています。

こういう番組は、
誰でもいつでも、見られるようにしてもらえるとありがたいですが、
おそらく、
すぐに削除されるので、見たい方は早めにどうぞ。


tumblr_lj31kkJli41qz78pmo1_400.jpg

TV嫌いの自分が、
あのときは数日間、ほとんど寝ないでTV見てたんですけど、
NHK、見直したんですよ。
水野解説委員の話がとてもわかりやすかった。


原発建屋が次々に吹っ飛んでいく映像だけが流れ、
国・東電・保安院の説明が要領を得ないなか、
この人だけが、
TVでちゃんと話してくれてたと思うんです。

考えうる、
最悪の可能性を説明する様子に、「不安を煽るな」という声もあったが、
事実、それ以上のことになった。


会見が「…」って、もごもごになると、
もうこれ以上中継しても無駄!と判断し、スパッと切ってスタジオに戻し、解説が始まる。
どこよりも早く、
風向きと放射能対策を報道したと思う。
あの時点で、
過度にでも安全を確保しようとしたことは、間違ってなかったと思う。


その報道もいつからか、
「ただちに影響は~」
「基準値あげたから安全です」になっていったんですよね。

1970年 有機水銀 ただちに問題はない
1980年 アスベスト ただちに問題はない
1985年 薬害エイズ ただちに問題はない
2011年 放射能 ただちに問題はない


信用しろって、そら無理な話です。
特に、
僕みたいな知識のない国民には。
同列に並べたら怒られるのはわかってます。でも、嘘つき政府を信用はできない。


風評被害の片棒を担ぎたくはないから、
安全と危険の、
正しい知識を身につけていかないといけませんね。


申し訳なく思うのは、
この文章が、
いま現場で日本を守ってくれてる人たちに、思いやりのない文章だな。ってこと。
スポンサーサイト
18:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

地震発生時の速報もNHKが一番早く、他局とは1分近く速報に差がありました。今では民放は当初ほど原発問題を報道もしなくなりましたけど、NHKだけは未だに解説を交えた報道を多くしていて、僕も見直しましたね。
 しかし、『ただちに』と云う言葉だけで安易な安心感を持つ人が多いのには驚きました。隠蔽体質には苛立ちは感じますけど、国民も自分で考える思考力を放棄して無知になるのも如何なもんかと思いました。
ちくわ |  2011.05.13(金) 14:39 |  URL |  【コメント編集】

>ちくわさん
自分で考えないとダメですよね。
メルトダウンは有り得ない、って学者の方ですら言ってましたよね。

リンク貼った番組では、
「ここは安全だろう」「皆が言ってるから大丈夫」
これがポイントになっているという見方があります。
危険を察知したら、
誰がなんと言おうと逃げる覚悟、が必要なんだそうです。
ジョニー |  2011.05.14(土) 00:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1568-8ce6409d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |