2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.06.21 (Tue)

音楽発表会ができるまで14~当日の業務内容

「できるまでシリーズ」に戻りたいと思います。
残りあと3ネタ。
ここでは、
発表会当日の、業務的な流れを書いていきます。


午前はリハーサル。
前日リハと同じ流れですが、人口密度は3倍ほど多くなります。
それぞれのスタジオで、出欠を確認。

お子さんのことや、
混みあうロビーのエアコン調整も少し気にかけつつ、
これらを、
他講師、心やすい生徒にお願いして、
私自身は
タバコとコーヒーで精神統一。(サボるともいう)


開場前。

お客さんが入る直前に、
乱れた客席を並べなおしたり、
生徒さんの荷物、ゴミを控え室に入れてもらう。
これらを、
他講師にお願いして、私自身はタバコとコーヒーで精神統一。(サボるともいう)



そして開演。

最近、このブログには、
「発表会運営」などの検索ワードで、ご覧くださる方が増えています。
なかでも
「あいさつ文」という検索が多かったので、そのへんにも触れます。


冒頭挨拶はこういう感じ。

「これより○○発表会を始めさせて云々~」
「私、本日、司会進行を務めさせていただきます○○です、よろしく云々~」
加えて、
・教室の概要を手短に。
・会場の案内、トイレの場所、飲食禁止の旨。
・無料体験レッスンの宣伝。
最後に、
「初心者の方もたくさん出演するイベントで、
お聞き苦しいところもあるかと思いますが、
温かく見守っていただきたいと思います。
それでは!!
トップバッター○○さんの演奏で~云々」 2~3分ぐらいです。



MCで心がけているのは、
とにかく生徒さんのお名前、曲名をゆっくり正確に伝えること。

バンド転換時には、
発表を終えた生徒さんに軽くインタビュー?一言、二言、お話します。
「初めてステージに立った感想は?」
など、
月並みな話題で十分かと思っています。
生徒さん自身の、ライブ日程やメンバー募集があれば告知してもらいます。
話が弾めば、
適度に広げるのも良いでしょうね。



このとき、
バンド転換で時間がかかる場合もありますが、無理にMCで繋げないようにしています。
ガチャガチャ、ザワザワして、
少しグダっても良いじゃないか。という解釈です。

緊張してる生徒さんに、
「落ち着いて始められそうですか~?
セッティング、違和感ないですか~?
お客さんやメンバーをよく見て、楽しんでくださいね~♪」

普段どおりのテンションで、
言葉をかけるほうが良い。という解釈です。


繋ぎを放棄すると気楽なもので、
ひょっとすると、
お客さんもそのほうが楽かもしれません。追い込まれたMCを聞いているよりは。




バンド転換側のことも。

私以外の講師は、
生徒さんのローディー役となって、
ドラムの微調整や、エフェクターの配置などを全力で手伝います。
Gt、Bさんは、
アンプのつまみをメモっていることもあり、優秀なスピードです。

本当は、
時間にゆとりを持って、自分だけでセッティングするのがいいのかもしれませんが、
それをやると、
発表会が、7時間ぐらいになるかもしれません(笑)


たまにライブハウスで、
セッティングに20分ぐらいかけて、ドッカンバッカンやってるのを見かけますが、
ああいうのだけには、なってほしくないですね。

マイクは、
PAスタッフが卓を離れて狙いに来てくれます。
私は、
時々、録音機が異常なく回っているかチェック。




イベント終了までには、10分休憩が2回あります。
このとき、
小さなお子さんの親御さんがご挨拶に来られたり、
お客さんからの、レッスンの問い合わせに対応しています。
「休憩」には、
全然なってないですが(笑) ありがたいことですので、非常に嬉しく思います。
一方で、
私に話しかけないよう、気をつかってくれてる方も「多いらしい」です!!(笑)

そういう感じで、
司会やりつつ、自分の出番もありつつ、ラストまで。


「最後のあいさつ」は、
講師陣からの総評があってもなくても良いかと思いますが、
ここ数年は、
アッサリ終わるようにしています。


終了後。
ロビーや店舗に行って、とりあえずたくさんの方とお話をしたり、休憩します。
知らない方にも、
できるだけ御礼を言ったり、意見を頂戴したり。


それが一段落して、
会場に戻ると、
残った何人かの生徒さんたちが、自発的に撤収作業をしてくれていて、
ほとんど片付いています。
なぜだか?
毎回、こういうパターンです。



打ち上げはありません。
たまたま、
少人数で食事に行くかもしれませんが、大々的な打ち上げはしません。

ここにきて、大勢を連れまわしたり、
若い子がハメを外しすぎないように気を配るのは、面倒臭いからです(笑)
事と次第によっては、
来年の発表会ができなくなる可能性もあります。

「オトナも子供も。お家に帰るまでが発表会」 です。


<関連記事>
音楽発表会ができるまでシリーズ
http://johnnyh.blog82.fc2.com/blog-category-6.html
スポンサーサイト
20:05  |  音楽発表会ができるまで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1604-6d1482db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |