2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.06.23 (Thu)

音楽発表会ができるまで16~発表会とは何だったのか?

ラストです。

私自身が「発表会」という存在について、
日頃思うことを綴って、
終わりにしたいと思います。

来年はこのシリーズは書く必要がないので、やりません。
私も皆さんも、
いつでも読み返せるよう、こちらにまとめてあります。
http://johnnyh.blog82.fc2.com/blog-category-6.html


「生徒さんにとって発表会とは?」

目標、区切り、念願…などなど。
様々な捉え方をしてくれているのだと思います。

向上心の非常に高い生徒さんには、
「ライブ活動へのステップ」と捉えてもらうのも、良いと思います。
演奏面でも、
演奏以外でも、
ライブ活動に必要な、いくつもの「準備」を体験してもらえるように、カリキュラムを組んでいるつもりです。


しかし、
いくら充実した発表会になっても、
「発表会」というイベントである以上は、

いち教室内での出来事であり、
温かく見守ってください的なスタンスであり、
オナニーの範疇を出ないものであります。
これが、
「入場無料」の意味です。



思うに。

大多数の生徒さんは、
いろんなライブを見に行ったり、
いろんな場所で、いろんなプレイヤーと演奏したり、
外の広い世界を知ること、

これが圧倒的に足りません。


本当は、
生徒の皆さんがバンドをバリバリやって、

「あ~また発表会ですか?
自分のライブが忙しいんですよ~。無理っすね!出れないっす!」
と、
言ってくれたら、僕は嬉しいです。




今後の展望です。

僕の知る限り、
ひょっとするとうちの教室は、県下で最大規模になっている可能性があります。
そういうなか、
毎年の発表会も、
それなりの知名度・期待・評価を得ているらしく、

しかしながら、
マイペースに堅実に、継続していきたいイベントではありますが、

では、
10年後もやっているか?
というと、フツーに明日のことはわかりません(笑)


私もケイジ先生も、比較的アウトローな人生を歩んでいますし(笑)、
だからこそ得たノウハウかもしれませんし、
現場とお上が一枚岩というわけでもありません。


長く続けていくためにも、
若い講師に継承させていきたいところですが、
いかんせん、
講師にもいろんな資質、向き不向きがあります。


それでもって、
ほとんどのみんなは知らないけれども、
和歌山出身で、
今、
東京やなんかで頑張っている、非常に演奏力の高い先輩、後輩たちはたくさんいます。

ほんとは、
あちらで成功して、帰ってこないのがいちばん良いけど、
帰って来たら、来たで、
協力してほしいこともありますよ、と。



とりあえずは、また次の1回を。
おんなじよ~~~に、
しょうもないスケベ心に振り回されることなく、頑張って作りたいと思います。

シリーズ最後に。
稚拙な文章を熱心に読んでくれた皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
20:48  |  音楽発表会ができるまで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1607-28143361

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |