2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.08.06 (Mon)

グループレッスンにまつわる話

何組か、
同級生とか仲の良い友達どうしの生徒さんで、
グループレッスンという形で、来ていただいてるんですね。
これが、
なかなか扱いの難しいシステムなのは、どなたにもおわかりいただけるかと思います。

まず当然、
一緒にレッスンを受ける1人1人は、同じ実力ではないです。


ここで、
お互いを高めあうことができれば最高ですが、
特に10代も前半の子となると、
まだ精神的にも未熟で、そうもいかないことが時々あります。

極端は話、
グループレッスンを受ける1人の子の親御さんから、
「なんでうちの子は、同級生の○○くんより遅れてるの!?」
(教え方が悪いんじゃないの!?)

こんなお電話を頂戴したことも…。



ここから、例えばの話をします。

Aくんは、飲み込みが早くスムーズにレッスンが進みます。
Bくんは、Aくんに比べれば理解に時間がかかり、
当然、
レッスンの進度に差が生じてきます。
グループレッスンではよくある状況です。

いろんな性格の子がいるけど、
このBくんは、とても落ち込むわけです。

いつでも上手にこなせるAくんの姿を見て、
自分はなかなかうまくできなくて、表情も暗くなってしまう。
無理もない。
若ければ若いほど、マイペースを保つことは難しいです。

ここでの私のフォローも、
現実は現実であるし、
口先で気休めを言ったところで、それは子供にだって見透かされてしまうでしょう。



ところで。
尺度の話をします。

AくんやBくんがお互いを意識したり、優劣を感じたり、落ち込んだりするのは、
2人の間の出来事でしかない。
小さな教室の中の出来事でしかないです。
「うまくいかなかった」
「負けてる」
とか、
そんなもん、いちいち凹まなくてよろしい、と。

「ライバル」も間違いじゃない。
けど、
そんなことより5年後10年後に、
まずジョニー先生程度は追い抜かしているように、頑張ればいいじゃない、と。


楽器の習得は100m走ではない。
むしろマラソンに近い。

歩いても休んでも良いし、目標だって自分で決めたら良い。
死ぬまで走っても良いし、リタイアしても良い。


ただ、
自分の心の中にすら賛否両論あるのは、
音楽に勝ち負けは実際、あるし、
小さな世界での小さな競争が積み重なって、好転していくことも多々ある、という点。
(生徒の子が混乱するから、ここまでは話さないけど)

ああ自分、
寛容で優しすぎるな…って思ってしまうときがあります。真面目な話。


なんにせよ、
自分が預かった生徒さんには、大きな尺度を持っていただきたいなと思って、
こういう話をすることがあります。
演奏や技術以前に、
小さい尺度からは、小さい音楽しか生まれない。
そして、
大きな尺度というものは、
先輩、後輩、音楽仲間、家族、いろんな人から心をうたれて、育っていくものです。
スポンサーサイト
20:08  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

度々お邪魔します。

個人的な見解になりますが
こういうお話を読ませて頂くと、音楽に関わるという事は人とどう関わるかという事も大事かなって思います。
音楽だけではありませんが。

似たような話で音楽を挫折した同級生を見た事があります。

考え方によってはジャイアンは凄いです。

お邪魔お邪魔しました。
uz |  2012.08.07(火) 09:59 |  URL |  【コメント編集】

>uzさん
はい、残念ながら挫折してしまう生徒さんもいますので、
そのときは自分の力不足を感じたりもします。
「別の先生に習っていたら、楽しく続けられていたのかな」とか。

好きで楽しんでいるうちに、気づいたら上達していた。
という方は少なくて、
フツーはやはり、ある程度の苦しみもあるようです。

停滞したレベルで楽しんでいたい、というのも良いと思いますし、
練習地獄を楽しめる、ドMな方は上達も早いですし、
ただ、
私の仕事は、非常に悩んだり困っている生徒さんこそ、お手伝いできてナンボかなと思うので、
私もいろんなケースに当たりながら学んでいるところだったりします。
ジョニー |  2012.08.08(水) 17:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1871-3652fcc8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |