2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.08.13 (Mon)

教則本を買いました

120812_2303~01

注文していた本が届きました。

ゲイリー・チャフィ著「リニア・タイム・プレイング」
デビッド・ガリバルディ著「フューチャー・サウンズ」
という、2冊の教則本。

洋書ということで英文、なのですが、
ガリバルディの本は、日本語訳がされておりました♪


著者、タイトル、
見る人が見ればわかるとおり、そういうコンセプトな本です。

少しだけ進めてみたのですが、
まあ~キツイ!
エクササイズその1で、もう手こずってます(笑)


以前に、
リニアドラムの演奏動画に対して、
「こんなの使わない」とコメントしてる馬鹿者がいましたが、
たしかに、
実戦であんまり使わないかもしれないけど、そうじゃないんですよ。
練習することに、ちゃんと意味があるんですよ。

たとえばほら…
人間としての幅ができるというか。


で、
英語読めないけど、
アイデアの考え方も記されていて、
「自分でも考えてみなさいよ」とばかりに、記入欄まであったりします。

外国の本は、
手取り足取りというより、良い意味で不親切なことも多くて、
読者に、
考えさせて広げさせるのが良いですね。
探究心をもって挑まないと、
同じ金払ってんのに、習得度がまるで違ってきたりします。



練習では、
「ただやるだけ」でも両手両足キツイですが、
音を絵にするには、
全ての音がコントロールされている必要があるでしょうね。
そして、
最後の難関が、正確なテンポキープ。

長い年月の練習により、
かなりの精度でテンポをキープしたり、わざとちょっとだけ早くしたり、
まるで、
テンポを管理しているかのように操れるようになり、

テンポを1単位で管理できる頃には、
練習しすぎで、
社会復帰できない変人になっているのだそうです(笑)



ということで、
ゲイリーチャフィ 「リニアタイムプレイング」
デビッドガリバルディ 「フューチャーサウンズ」
秋吉ひな 「彼女目線でアナタとHな同棲生活」

良い買い物でした~♪

120809_1821~02
スポンサーサイト
00:22  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1875-0ae91635

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |