2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.11.28 (Wed)

レッスンとかリハ日記

先週から風邪です。

仕事の合間に仮眠したり、
熱が下がったり、
土砂降りのなか登山して熱が再発したり、そんなこんなです。


ドラムレッスンで私、少しベースを弾きはじめました。
対CD音源ではなく、
人と人とのアンサンブル感覚を養う目的であったり、

リズムパターンを繰り返し練習する中で、
ベースラインが聴こえているほうが実践的であったり、

これは、
私がたまたま他の楽器も少し触れたり、
たまたま音楽理論を勉強してあるから出来たレッスン形態なのですが、
生徒さんには好評なようで、一安心。


当然、
ベースを鳴らせないし、
運指めちゃくちゃだし、ラインもたくさん知らないけど、
本職が疎かにならない程度に、練習してみようかな?というところ。

淡谷のり子先生の、
「歌屋は歌だけやってりゃいいのよ」という、
素晴らしいお言葉もありますが、
一方では、
「他の楽器を知る」ということで恩恵を受けられる場合もある。

タイコの先生がベースを弾く
これは、
歌の先生がピアノ伴奏するのと同じく、自然なことだと思うのですよ。




話かわって、
今週末のソウルバナナ・ワンマンライブに向けてのリハもやってきました。
そしたら、
おまわりさんが「音うるさい」と、やってきました。
これで2回目です、2回目(笑)

それ以後、
ピアニッシモ~メゾピアノでやりきってしまう、
「通称・バイショータッチ」で、
無事にリハを終えました。

これもね。
たまたま私だから出来ることで云々・・・(笑)


なのでやっぱり、
電気楽器に比べると、アコースティック楽器って不遇で。
本番の練習って、
本番の場所じゃないとできないわけなんですよね。

それでこそ、ええんやけれども。
スポンサーサイト
19:51  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■ご苦労様です

あ、小生もベースやギターを拙く弾きます。

やはり、ドラマーも「コード感を知る事」は必要ですからね。
特にメンフを見なきゃいけない時はね。

あ、ドラマーにはメゾピアノで叩ける事も必要。こう叩けるから、メゾフォルテ、フォルテが叩けるんですよね。

kazubon |  2012.11.30(金) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

>kazubonさん
コード感こそとても重要なのに、
軽視されがちな部分でもありますよね。

特にドラムは、
音量を下げるには、人力しか無いですが(笑)、
表現ではない問題、

隣で食事してる客の、会話をジャマしないように・・・とか、
警察が来ないように・・・とか、
そういう「都合上」、必要な場合もあるんですよね。

でも、
ラウドネスの樋口さんも、
スタジオでは抑えて、ライブではフルパワーで叩いてたので、
都合に合わせられるのも、実力のうちなのでしょうね。
ジョニー |  2012.12.02(日) 02:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/1937-04af5072

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |