2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.02.27 (Thu)

芸術は恥ずかしい

なんで恥ずかしいのか?ってところですよね。

先輩プレイヤーが、
「人前で演奏するのは、ケツの穴を見せてるようなもんや」と、よく言っていました。
私はこう解釈しています。


つまり、
ケツの穴を見られてもケツの穴でしかなく、
せいぜい、キレイ汚いぐらいで、ケツの穴にはそれほど他意はない、と(笑)

ところが演奏となると、
バックグラウンドから趣味嗜好、性格も、心の強さも、スケベ度合いも、
演奏者の内面が、わかる人にはわかってしまいます。
また、
そういう内面が音に表れるのは非常に好ましいことだと思います。
でも!
恥ずかしいです(笑)

意地悪な見方をすれば、
手抜きやサボった部分も見えてしまうし、心のどこかにある「ま、ええか」な部分も顕著に出る。
それが、
人それぞれの持ち味に昇華されるのもよくあること。


オリジナルの歌詞を歌うなんてのは、もっと恥ずかしいです。
「そういうこと考えてるんだ~w」
「意外に乙女なんですね!」
こんなことを言われたら、顔が真っ赤っ赤になるに違いない。

だって、
ポエムが恥ずかしいんだから、歌詞も恥ずかしいでしょうよ!(笑)
作品に対して批判を受けることだってあります。

そういう思いをしたくないなら、一生、誰にも聴かせないことです。

だけど、やるんですね。
欲か?
衝動か?
快楽か?
ケツの穴より恥ずかしいものを、見てもらいたいわけなんですね。
スポンサーサイト
21:01  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2152-fed6d6b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |