2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.05.21 (Sat)

テクニック封印

とある高校生のドラム生徒に、レッスンした話。

キメごとの少ない曲を、自由に叩いてもらったところ、
なかなか達者な子で、
次から次へ、テクニカルなフレーズをビシバシ決めてくれて。
手足はよく動くし、複雑な音符も理解している。
文化祭で彼のドラムを聴けば、同級生はびっくりすると思います。


そこで私はこんな意地悪を言ってみたくなりました。
「じゃあ、テクニカルなフレーズ禁止にします」
「シンプルなリズムと、シンプルなオカズだけで、音楽をやってみて?」
「それだけで"俺はこんなに上手なんだぞ!"って、示してみて?」

案の定、
テクニックを封印された彼は、つまらない演奏になってしまいました。
ここが、陥ってはいけないところなんです。
テクニック封印されても、無力になってはいけないんです。

テクニックを駆使する以前の、"素"の状態ですでにカッコいいこと。
ドツタツ!ドツタツ!
っていうリズムが、オーラを放つように。


厳密にいえば、そっちはそっちのテクニックなので、
そっちらへんを教えたところ、短時間で見違えるようなカッコいい演奏になりました。
実際、
彼は興味を持って聞いてくれていたし、自分でも心底そう思ったから、スムーズに飲み込めたんでしょうね。

もちろん、彼のテクニカルな芸風にも大賛成ですが、
ただし、
タイコを鳴らせて、コントロールできてこそ。説得力が生まれてこそ。当たり前だけど。
スポンサーサイト
23:54  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2403-51523c56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |