2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.02.12 (Mon)

音楽を創るときにおける度量、とは



1つ前の記事の続きで少しわかった、というか思い出したこと。
多分こういうこと。

この映像が好きで寝る前によく見るのだけど、
英語のわからん僕でもいくつかの言葉が聞き取れるなかで、
このパフォーマンスは詞をひとつひとつ大切に歌っているように思える。
既存の詞でも、自分の心から、自分の言葉で発しているように、、、なんとなく思える。

ひょっとしたら演技?も入ってるかもしれないけど、演技でもかまわない。
僕がこのキレイな女性と部屋に居て、
まるで愛の告白をされているような、若干バーチャル的な錯覚さえ感じることもある。


いくつか音程を外しているところがある。
それはご本人も知っているはず。
でも「伝われば」そんなことはどうでもいいんだ、ということ。

と同時に、
「伝われば」小さなミスをそのままで世に出しても大丈夫、
というのが度量であり、自信であり、カッコいいということ。

何にこだわるか?ではない。
何にこだわらないか? ということ。

ただし、「伝われば」の話。これ最重要。
伝えるためには、普通は技術は要ります。


なんだかロマン溢れる文章を書いたけど、
芸術とはロマンなんだから、
芸術と生きて芸術と死ぬつもりな自分がロマンチストなのは当たり前。
ロマンを笑う人とは。。。一緒に音楽はやれないだろうなあ(笑)
スポンサーサイト
23:44  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2532-08a91cf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |