2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.04.19 (Thu)

会社の意向で、発表会の告知を積極的には行わなっておりませんが、
いつもどおりやっております。



ボーカルさんの伴奏たくさんやりましたが、
この曲なんか我ながら上手くやれたと思います。

PA無しで手元の力加減だけでバランスをとるなか、
特に、
最初の長い休みからドラム出てくるとこの絶妙なコントロール
そしてサビからガツンといくけど、決していき過ぎない絶妙なコントロール
ぜひ1コーラスだけでも、上手く出来たので聴いていただきたいです。


この記事には続きがあります。
興味あるかたは続きを。

【More・・・】

さて、上の音源1コーラス、聴いていただけたでしょうか。
そして何人の方が騙されたでしょうか。


このドラム、私ではありません。(私のドラム、よく知る人ほど騙されてるかも?笑)

彼のこと、書きます。

今、中学2年になったばかりの彼。
幼稚園からうちの教室でドラムを始めましたが、決してよく出来た子ではなく、
特に小学校になると、
レッスンを嫌々受けるような子でした。
もちろん、復習などしてこないし、同じ内容のレッスンが数ヶ月続いて、私もイライラを隠せていなかったでしょうし、彼もそれを察知していたと思います。

彼が5年生になって、「ドラムを頑張りたい」と言いました。
話を聞くと、
学校では勉強もスポーツも苦手で、唯一、友達にできなくて自分にできること。ドラムでした。
「ドラムを頑張って、中学になったら吹奏楽部に入りたい」と。

中学になって、吹奏楽部に入った彼は、
私が思うに、きっと期待の打楽器の新人。将来のキャプテン候補。
毎年のようにコンクールで金賞をとる強豪校で、
休日のほとんどが部活の練習。
非常に厳しい先生だったようですが、きっと先生も彼を頼りにしていたと思います。
なんせ、
幼稚園から僕にみっちり習っているんだから、中学校で横並びの友達と比べてダントツに音楽が出来るのは当然のことです。

そういうわけで私のドラムレッスンにはあまり来られなくなってしまいましたが、
吹奏楽部で鍛えられて活躍してもらえたら、と思っていました。


しかし彼は、吹奏楽部を辞めました。
合わなかったみたいです。(ほとんど女の子やしね)
それを私に言いに来たとき、お母さんは涙ぐんでいました。

自分の取り柄をやっと見つけて、それを活かす場所だった吹奏楽部。
そこが合わなかった。

「じゃあ俺のとこで頑張れ。ドラムが嫌いじゃなかったら」
彼の10代に僕が責任を持とう、と。

そのときに彼と交わした約束。
・部活がなくなった代わりに、それ以上に練習すること。自分のやりたい音楽に必要な練習を。
・発表会では他の生徒さんのサポート演奏をたくさんすること。


それから数ヶ月、
彼は僕との約束をちゃんと守ってます。
演奏というより、まず人として立派です。
まだ13歳で音楽に苦しんだから、この子が楽しそうにドラムを叩いてると泣きそうになります。

ちなみに、
僕の指導をめちゃくちゃ素直に聞くので8ビートが僕のんと瓜二つになってきました(笑)
この時点で中学2年になったばかり。
これから派手なドラムも練習して、僕なんかより上手い人のマネをする時間、十分です。

今回の発表会では
中学生ただ1人、大人に混じって良い演奏をしたもんだから、
彼はいろんな人から話しかけられてました。
誰も見てないとこで頑張ったら、ふと周りを見れば、人がいるんです。
本気で取り組んだ音楽は楽しい!ということを彼に。

よかったら上の音源、もう1度聴いてやってください。
スポンサーサイト
22:55  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2543-4d884e8b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |