2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.05.03 (Thu)

洋楽の伴奏について

しょっちゅう洋楽のドラムを叩くのですが、
カタイ話をすると、
わかりきっているのは、洋楽の伴奏を究極的には上手くできないということ。

英語がわからんからです。
いま何を歌ってるのかわからない状態でドラムを叩いている。
歌に伴っているわけがありません(笑)

前もって訳詞を読んでおくことはできても、
やっぱり歌ってるリアルタイムで何を言ってるのかわからない。
そこをツッコミ入れるお客様はまずいませんが、究極的に本当の意味での伴奏、できないままきっと死にます(笑)


一流のプロの方々でも様々で、
そもそもドラムやベースをレコーディングする時点で、曲のタイトルも詞もできていない状況があります。
何の歌かわからんけど、とりあえず演奏してます。
芸術より効率、コストが優先された結果。
これも、そこをツッコミ入れる(解る)リスナーはいないのですが、

昔、
山下達郎さんがラジオで「日本のレコーディングなんてみんなテキトーなんだよ!」とディスっていて、
当時の自分は意味がわからなかったのですが、
ああ。こういう事なのかな、と(笑)
客がわからんからええやろ、みたいなとこを言うてはるんや、と。


じゃあ、英語を勉強したいとも思うのですが、
その時間があったらドラムを練習したいので、やっぱりこのまま死ぬんです(笑)
楽しかったらいいですけど、
ここに書いたような認識も持っていよう、と。

あと、
ボーカルさんが歌詞を間違えたときにニヤリとするプレイヤーは、
ほぼ例外なく良いプレイヤーだったりします。
スポンサーサイト
21:21  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2551-6ee46165

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |