2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.13 (Thu)

吹奏楽コンクールに出ている県下5校ぐらいの打楽器の子を教えている。
たとえば、
まだ8ビートも、まともに鳴るスネア1発も、スティックの持ち方もままならない子に、こういう譜面を渡して、
「いついつ本番ね」と。

DmGNSBQUUAMsA4U.jpg

DmGNRlnV4AIY0ND.jpg

そんな放置プレイがそこらじゅうの吹奏楽部で行われていて、
駆け込み寺のように私のところへやってくる子が後を絶たない。
サンバフィーリングて!

私としては、
こんなのを締め切りまでに教えるとなると急ピッチにせざるを得なくなり、
難しくて出来ないことも次々言わなきゃならなくなる。
生徒の子たち、泣く寸前よ?

こういう子たちを音楽嫌いにさせる罪に加担したくない。
私にレッスン料を支払うのは、本来この子たちではなくて学校。


こういった放置プレイは、県下でもかなり多くの学校で良しとされてきている。
教えられる人がいないのだそうだ。
顧問の先生も打楽器に関しては「わからないから」と。

わからないのはまあいい。
問題はオーケストラ指導者が打楽器に「興味がない」ということ。
しいては、自分の教え子たちの演奏が良いも悪いも興味がない、ということに。。。


そういうことで、
吹奏楽やったことない私のところへ、吹奏楽の子が駆け込んでくる状況はおかしいので、
指導者の方はそろそろ仕事しないと品格疑われますよ、という話。
あと、
解決策は指導者自身が打楽器のレッスンに通うとコストパフォーマンスいいです。
スポンサーサイト
00:44  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://johnnyh.blog82.fc2.com/tb.php/2597-a3618c58

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |