2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.11.01 (Wed)

発表会 Dr科 学生の部

告知が遅くなりました。

11/5(日) 14時~18時頃まで
テイクオフ3Fホール
入場無料

小学生~大学生のドラム生徒さんを中心とした発表会です。
ドラム以外の生徒さんも数名の発表があったり、
サポート演奏でも活躍してくれます。

25組50名。
小中から頑張って進学のために今回で最後、という生徒の集大成であったり、
最近ドラムを始めての初舞台で、
オープンハンドで東京事変やっちゃうルーキーとか、これから楽しみなドラマーがたくさんです。

立ち見になってしまうかもしれませんが、ぜひどうぞ。

IMG_-1dbbpu.jpg

発表会直前のレッスンでは、部屋の電気を消して集中を高める練習など。
譜面台もそっぽ向けて。
表現者とお客さんの間には、譜面というフィルターは極力無いほうが望ましいです。

Screenshot_20171028-213242.png
23:21  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)

発表会まで2週間



教室のドラム発表会まで2週間というところで、レッスン日に台風。
警報の中、私は教室で待機。
生徒さんそれぞれに交通手段も違うし、時間帯も違うので、個々の判断で休んでいただきました。

危険を冒してまでレッスンに来るのは、
決してお薦めしないけれども、
それでもこんな悪天候をくぐり抜けて来る強者、
または来ようとして電車が止まって断念した人。。。

ほんまに。
好っきなんやなあ!って思います。

当然、上手くなるはずで。
ちなみにこの日来たのは発表会に向けて焦る必要ない生徒さんばかり。
発表会のために来てない。
好きなんやと思います。

ちなみに私は普段から公言していますが、
生徒さんを特別扱い、積極的にやります。

特別頑張ってる人を特別扱いするのは当たり前。
報われて当たり前。
そもそも実力の世界はみんなそうなってる。
22:44  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.11 (Mon)

無理難題



久しぶりにちょっとだけ更新です。

11月のドラム発表会の準備がピークです。
1ヶ月前に出演者各位がしっかり告知できる。ということから逆算すると、2ヶ月前が運営の頑張りどきだったりします。

こういう無理難題な曲がありまして、おそらく歌わなあかんっぽいです。僕が。
多分、
ボーカル生徒さんやら全員が「無理」って言うて、最終、僕とこに回ってきそうです。

ド素人がやると危険な領域で、
1回マネしてみたら喉から血出そうでした。
ただ、これのマネはやらない選択肢は持ってたりします。 って僕、ドラムなんですが(笑)
23:18  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.09 (Wed)

これ読んで、僕やっぱりこの人達好きだわ。ってなりました。
インタビューする方もされる方も、すごく頭が良くて。

har1.jpg
http://basement-times.com/harukatomiyuki-interview/



har2.jpg
http://basement-times.com/harukatomiyuki-interview2/
23:21  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.15 (Thu)

発表会御礼 2017 Gt・B科 学生の部

ギター・ベースの学生さんの発表会も、無事に終わりました。
21組の生徒さんが出演してくれました。
お越しいただいた方、ありがとうございました。


今回は、
元気のある演奏、良い演奏というより、
惜しい、悔しい演奏がとても印象に残りました。

発表会というのは、いわばレベル上げ修練所みたいなものですが、
そうした中で、
会心の演奏を遂げて帰路につくのも良いですが、
私は、肩を落として帰る経験もまた大きな意味を持つと考えています。
強いプレイヤーになるには、
悔しくて忘れられない1日、必要だったりします。

なんで悔しいか?というと、
本気でやったから。音楽を好きだからです。

「音楽好き」って、やってる人からすれば当然、って思うでしょうけど、そうでもない。
音楽好きじゃないのに、音楽やってる人って、居るんです。
好きじゃないから、悔しくない。
悔しくないから、進歩しない、追求しない。。。
う~ん、何のためにやってるんだろう? 自分が本当に好きなことをすればいいのにな?
と、常々。

だから、
今回、涙を飲んだ子は将来、いい音楽を創るんやろなあと、楽しみになりました。


そして、
この発表会でサポート演奏してくれた大人の生徒さんや、
そもそもこの日、関わってないはずの生徒さんまで、演奏以外の面でもたくさん協力をしてくれました。
先生も生徒もなく、皆でやれて嬉しかったです。
これからも、
「好き」と思ってもらえるような発表会、頑張ります。
02:58  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT