2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.25 (Tue)

ライブ鑑賞2本

IMG_nf9795a.jpg

DSC_2741a.jpg
夜遊びできる好条件が束の間、揃ったので、ライブハウスに出かけてきました。
3年前に息子が生まれて以来、初めて。

理恵さんには日頃、お世話になりっぱなしで、でもライブには行けていませんでした。
ほんまに、
誤魔化しの無い、本当のジャズを久しぶりに聴かせていただきました。

ジャズに限らず、
即興はキャッチボールの追求ですから、
僕らレベルでも、
おもしろいボールを投げかけ続けること。
投げられたボールを察知して応えること。 あらためて思いました。


DSC_2745a.jpg

そして、こちらのライブも。

鎌田さんのリズムがもう。。。次元が違う。
素晴らしかったのは間違いなく、
でもドラムのこととなると自分ごとなので「楽しかった」だけでは済まされないというね。

以前に教わったレッスンを元に、
ずっと練習、実践を試みているのだけれど、(っていうかそれ以外のことは練習してない)
あんなにしなやかなリズム、まだまだ遠すぎて。
叶うことなら、また教わりたい。
01:03  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.25 (Tue)

発表会御礼 2017 Voの部

DSC_2623.jpg

終えて1週間以上たってしまいましたが、
ボーカル発表会、盛況に終えることができました。ありがとうございました。

思い思いの曲で日頃のレッスンの成果を発揮していただいて、
演奏科からも信用の厚い生徒さんたちが、伴奏を頑張ってくれました。

強く感じたのは、10代のリズム体メンバー。
事故対応がかなり上手になっていること。

これは、
「この日のための練習」ではやりようのない、経験の積み重ねによるもの。
まだ歴が数年とはいえ、
ライブハウスでも積極的に良い経験を積んでいるからでしょうね。
ヴォーカルさんがロストしても、演奏を止めることなくナチュラルな事故対応を見せてくれました。
決して華やかな技術ではありませんが、
「また彼らにお願いしたい」と信用を高めるのは、こういう技術だったりします。

来月、
5/21には演奏科 成年の部の発表会もございます。
詳細は後日告知いたします。

DSC_2685.jpg
00:05  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.12 (Wed)

2017年の発表会

C9Lp3uWUQAQgbjf.jpg

告知が遅れてしまい申し訳ありません。

今年の発表会はこのような日程になっております。
第1弾が次の日曜、
ヴォイストレーニング科の発表会です。

26名の生徒さんが出演する他、
演奏科の生徒さんも多数、サポート演奏で参加いたします。
14:00~18:00頃まで
入場無料

よければお越しください。
23:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.19 (Sun)

リズムワークショップ

KIMG3094.jpg

先日は
ジャズVoの神前理恵さんが主宰する、
デボンデュー・ヴォイストレーニング・ヴォーカル教室にて、
リズムワークショプを行わせていただきました。

いろんなリズムの音楽を流して、
休符の捉え方や、体全体の動かし方、誰でも絶対にウラ拍をとれる攻略法など、
市販の教材にはないノウハウを沢山お話させていただきました。

約2時間、
スクール生の皆さんが真剣に取り組んでくれて、とても嬉しかったです。


自分の構成力不足で、
16分ウラ攻略法と、4ビートのハネ具合の操作について、
詰め込みきれなかったのが少し惜しいですが、
また次回があれば?
うまく伝えられるように、自分が精進しておきたいと思います。

00:24  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.07 (Mon)

発表会御礼 2016 Dr科 学生の部

今年の発表会 第4弾
Dr科の学生部門も大盛況に終わりました。
お越しいただいた方、本当にありがとうございました。

出演が27組、
私が担当しているDr生徒が中心の発表会で、
技術云々あるけれども、
幼稚園から教えている子もバスドラに足が届くようになったり、
簡単な曲を出来なかった子が、
本当にカッコいいライブをやれるようになったり。

私自身も心を痛めながら、
「違う、間違ってる、違う、もう1回」って、楽しいだけで済まないレッスンを一緒に積んできたこと、思い出してしまうんですね。演奏の途中に。
ほんまに最後は泣きながら司会してしまってすみませんでした!

ほら、結婚式で新郎新婦の親が泣くじゃないですか。
あれねぇ、きっと育児の頃を思い出すからなんでしょうね。
自分で子育てしてみて思います。

発表会の基本理念や、今後のスタンス等、いつもどおりです。
続けていきます。


今回は私、
ガイドヴォーカルでマルーン5の曲を歌わせていただきました。
若手の上手なメンバーと一緒に、楽しかったです。

2ヶ月の付け焼き刃で、ピッチが。声量が。など
いっちょまえに反省するのもおこがましいですが、
我々アラフォー世代にとって、
裏声のお手本は、
フィリップ・ベイリーではなくてグッチ裕三なんだなと。
レアな経験の記念に♪


そして、ベースも弾かせていただきました。
ドラムは小3の女の子、
ギターは生徒さんで最も職人気質な畑くん、
ヴォーカルは英美先生で。
なかなかカッコいい感じで発表できました。


23:36  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT