2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.05.03 (Thu)

ピッチ感について

ある吹奏楽の指導者が
「全員がチューナーを持ち歩くようなバンドほど、むしろピッチが合わない」と仰ったそうです。

つまり。。。
こういった価値観で練習することを否定しておられるのだと思います。
例に出してちょっと気の毒ですが、わかりやすい例です。


メトロノームならまだしも、合奏中にチューナー。
1音1音、チェックしながら?
個人的にはこの光景、キモいです。

じゃあこれで完璧なピッチで演奏できたとして。。。
それはチューナーを目で見て音を当てにいっているだけのことで、耳を使っているわけではない。
なのでこの練習法、無意味です。
ってことが、冒頭の指導者が仰っている意味かと解釈します。

ピッチが甘いと生理的に気持ち悪いのは概ね確かですが、これでは音楽は絵になりません。


ジャンルは違えど、
僕らがバンドをやっていく上でピッチとは、
チューナーと合っていればOK、それだけのことではないように思います。
チューナーの針が真ん中でも正しいとは限らない。
音楽的でなければ間違い。


チューナー的に正しいピッチは、とても大事です。
甘くても良い、と言っているのではないです。
でも、目の前で起こっている「音楽」という事象に集中したい、してほしい。
機械、紙切れから離れる。
美しい流れ、音楽の重力、キャッチボールを察知する。

自分の音、周囲の音。
うまいブレンドで耳に入れることができたら、自ずとピッチも良くなるはず。

あと、
音楽的であれば、高くても低くても前でも後ろでも、問題にならなくなります。
これ知ってるとすごい楽。
21:24  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.03 (Thu)

洋楽の伴奏について

しょっちゅう洋楽のドラムを叩くのですが、
カタイ話をすると、
わかりきっているのは、洋楽の伴奏を究極的には上手くできないということ。

英語がわからんからです。
いま何を歌ってるのかわからない状態でドラムを叩いている。
歌に伴っているわけがありません(笑)

前もって訳詞を読んでおくことはできても、
やっぱり歌ってるリアルタイムで何を言ってるのかわからない。
そこをツッコミ入れるお客様はまずいませんが、究極的に本当の意味での伴奏、できないままきっと死にます(笑)


一流のプロの方々でも様々で、
そもそもドラムやベースをレコーディングする時点で、曲のタイトルも詞もできていない状況があります。
何の歌かわからんけど、とりあえず演奏してます。
芸術より効率、コストが優先された結果。
これも、そこをツッコミ入れる(解る)リスナーはいないのですが、

昔、
山下達郎さんがラジオで「日本のレコーディングなんてみんなテキトーなんだよ!」とディスっていて、
当時の自分は意味がわからなかったのですが、
ああ。こういう事なのかな、と(笑)
客がわからんからええやろ、みたいなとこを言うてはるんや、と。


じゃあ、英語を勉強したいとも思うのですが、
その時間があったらドラムを練習したいので、やっぱりこのまま死ぬんです(笑)
楽しかったらいいですけど、
ここに書いたような認識も持っていよう、と。

あと、
ボーカルさんが歌詞を間違えたときにニヤリとするプレイヤーは、
ほぼ例外なく良いプレイヤーだったりします。
21:21  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.26 (Thu)



31235080_420526791742633_8399192945668674123_n.jpg

縁あって新しい嫁をもらいました。
タイコなんか買うの学生以来、20年ぶり。
非常に状態の良いスリンガーランド。
軽く鳴らしただけで感動。ただ置いてるだけでオーラを発する佇まい。 自分の手に負えるか? 使いこなしたい。

今まで相棒だったスネアも素晴らしいが、使わない楽器は持たない主義。
売り払うことはしない。
しかるべき若者に、しかるべき時がきたら。

31277556_420526811742631_5472467243411037618_n.jpg

31357663_420526841742628_6709510807241477633_n.jpg
00:36  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.04 (Wed)

BPM40練習



流行っているらしいテンポ40。

初めてやってみた感想は、
きく~!という感じでヘロヘロになるのはそれはそれで良いんだけれども、
これ、
結果的に同化するのが目的で、
音を置きにいってしまうと、まるで無意味な練習だろうな、と。

この手の練習は恐る恐るやらずに、
自分を信じて思い切りよくやって、思い切りズレちゃってもいいです。そのほうが有意義です。
僕はあんまりやらないと思います。



今度の発表会で伴奏する曲とか。

こういう地味かつ重要なとこがうまくいくと納得するんよね。
正直、
人からの評価より、自分が納得して神に捧げられる演奏ができているか?というところで。
23:10  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.14 (Wed)

続 弟子の様子



少しずつ前進。

手で8ビート、足でベースとユニゾン。これが16小節。
8分音符を理解してはじめてできるこの曲。
下手なベースはご愛嬌で。
22:11  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT