2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.15 (Fri)

Screenshot_20180613-220642.png

意外とこれでしょうか。
BGMでなく、参考音源として聴くとき。
聴く集中力が低く見受けられる人は意外と多いです。

同じ音楽を聴いたときに、
そこから汲み取れる情報量はとても個人差があり、
音楽的な「耳が良い・悪い」とは、この事象を指します。

音程やらリズムの精度に敏感な人は、
過去にそういった感覚を養いながら聴いてきたということ。

それから、
細かい精度はさておき、
今度は大らかな視点で音楽を味わえるところまで。
01:28  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.15 (Fri)

乱入者



毎年、必ず巣を作られるのですが、この程度は楽勝。
夜に奇襲すれば逃げ回るヒマすら与えず、数秒で終わり。


しかし、
なんと今年はオオスズメバチが家に入ってきました。
最近、街でもちらほら見かけるのです。

見つけたのは息子で、
顔面蒼白になりながら「大きいハチが飛んでる・・・」と。
まさか(笑)と思ったけど、息子の言葉、正しかった。

嫁子供を避難させて、タイマン(笑)
オオスズメバチには殺傷能力のない、一般的なハチ用スプレーで誘導して
(これが怖い。怒らせるかギリギリの刺激だから)
無事に窓から逃げてもらいました。

こないだ、ぶらくり丁でも見たんですけど、
あれ店に入って飛び回ったらどうするんやろか。

DfQVuK1VAAEIeMH.jpg


01:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.06 (Wed)



かのコンテスト、
インドネシアの18歳、優勝したそうです。
本当に上手いです。

この演奏、実はそれほどムチャな超絶フレーズは出てきません。
譜面にも起こせるだろうし、
その譜面を演奏できるドラマー、たくさんいると思います。

難しい技術を競う時代はとっくに終わっています。
スピードには限界があるけど、美しさに限界はありません。
音楽的な音楽がちゃんと評価される時代やね。
23:34  |  音楽-Youtube関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.06 (Wed)

ペダルのこと云々



同教室の林先生にフットワークやペダルの調整、教えてもらいました。
彼はたくさんの機材を持ってはるので、
ペダルいろいろ踏み比べ。

左から、
Pearlのダイレクトドライブ
私所有のDW5000
カムコ

ただ、「堅牢で重いのにヌルヌルとスムーズ」という踏み心地はDWならでは。
いちばん軽かったのはPearl、良くも悪くもフニャフニャ。
カムコはクセがなく、最もスタンダードで扱いやすい。
全部、優秀なペダルで、
DWは高価だけど、国産メーカーは性能面でもう追いついています。

だいたいにおいて、
うまく踏めるかどうかは、ペダルより自分の足の問題ですが、
それでも長時間ストレスも疲労もなく踏めたら良いなと。

De3HnN5VQAAY_Eu.jpg

林先生いわく、ペダルに違和感を感じたときは
ビーター交換で解決することも多く、
なによりペダルをたくさん買い換えるよりも、ビーターをたくさん買うほうが経済的と。

初めて知ったのが、
高校以来20年以上、踏み続けてきた自分のDW、デフォルトのビーターが実は重量級だということ。(普通と思ってた)
彼所有のビーター、10本以上試させてもらって、
軽いビーターに変えた途端、あっさりスピードが限界突破した。

ブンブン振り回す物なので数グラムでずいぶん感触が変わるのだけど、
大まかに、
70g台 とても軽い
80g台 軽い
90g台 重い部類
100g  重量級 ということがわかってきた。

軽いビーターは代償を支払うことになるし、
重いビーターでもペダルとマッチすればスピードは得られる。


そこで気に行ったのが写真のダンマー206。
やや重い部類か、音色は非常に良い。
ペダル側のセッティングを追い込めばスピードも出そうなので、今そのへんを研究しているところ。
23:33  |  音楽-演奏のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.06 (Wed)

議員活動と子育ての話
http://0ryusan0.blog94.fc2.com/blog-entry-886.html?sp

3児を育てる男性政治家のブログ。
読んでみると「ほんまに、これ!」という感じで、育児の現実。
ツイッターでも紹介されていました。

t1.jpg

t1a.jpg


また、こういう実録記事も紹介されています。
【戦場】子供を保育園に迎えに行ってから寝かし付けるまでの「リアル育児」を知って欲しい
https://rocketnews24.com/2018/05/29/1067923/


私なんかは先日、
下の1歳児が高熱のうえに
夜19時から保育園の移転説明会と、ご近所さんのお通夜と、その後バンド練習と食料買い出し、
帰宅したら泣き止まない1歳児を明け方まで抱っこ。
なかなかのやり応えでした。
体、壊れませんように。。。笑
23:33  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT